ファクタリングで手数料が安くなるおすすめ売掛債権

自社で保有している売掛債権を買い取ってもらって早期に現金化するのがファクタリングですが、当然タダで買い取ってくれるわけではありません。


当たり前ですが手数料がかかってきます。


手数料は様々な要素で変動してきますが、売掛金を売却する側からすれば、なるべく手数料が低い方がいいに決まっています。

ファクタリングのおすすめ情報を探すならこちらです。

どのような売掛金だと手数料が低い状態で売れるのかというと、まず売掛金の支払い義務がある会社がしっかりしているかどうかが非常に重要といえるでしょう。
ファクタリング会社からすると、買い取った売掛債権がちゃんと回収できるかどうかが死活問題になってくるわけです。


万が一買い取った売掛債権が回収不能になったら大損してしまいますから、売掛債権の支払い義務がある会社の信用情報はしっかりチェックします。この信用情報がしっかりしていると、手数料は安く設定されるので売却におすすめの債権だといえます。



支払いがなされるまでの期間が短い売掛債権も手数料が安くなる傾向があるので、ファクタリングにおすすめといえるでしょう。支払いまでの期間が長い債権は、それだけ回収不能になるリスクが高いと判断されますから、当然手数料は高くなってしまうわけです。

それから手数料を低くしたい場合には、売掛金債権の支払い義務がある会社にファクタリングを行なうことを通知するタイプのファクタリング取引を行なうのがおすすめです。
この方式だと、通知しないタイプの取引よりもずっと低い手数料で済んでしまいます。