歯科医院では親知らずがあるからといって、すぐに抜くことを勧めはしません。

親知らずの必要性などを、歯科医はよく理解しています。ですから抜くべきではない親知らずは、患者さんにも説明をしてくれます。



しかし歯科医からみても明らかに抜歯をしたほうが良い親知らずもあります。



そのひとつが、斜めや横向きで成長してきた親知らずです。

斜めや横を向いて生えてきた親知らずは、その後に方向を改めて真っ直ぐになることはありえません。


好き勝手な方向を向いて生えてきてしまった親知らずは、虫歯になった時が大変です。

虫歯は親知らずだけにはとどまらないで、手前の健康な歯にまで虫歯が移りやすいからです。

こうした未来が予測できてしまう親知らずの場合は、思い切って抜いてしまってもいいでしょう。

そして手前の健康な歯のケアを、丁寧にして大事に扱うことです。


こうした取り組みで、口腔内は清潔で健康な歯の状態を維持しやすくなります。

ほかにも抜歯したほうが良い親知らずとして、すでにとなりの歯へと虫歯が移ったケースです。



歯科医院で虫歯の治療をしても、虫歯は再発しやすいためです。

手前の歯の虫歯治療を行っても、方向が自由すぎる親知らずをそのままの状態にしてあると、治療は妥協的となります。

被せものは外れやすくなりますし、虫歯が再発する期間は短くなります。
親知らずは抜いてしまい、手前の歯の虫歯治療をしっかりすることで、手前の歯を長持ちさせやすくなります。

Copyright (C) 2016 歯科と抜歯したほうが良い親知らず All Rights Reserved.